MENU

混合診療でバイアグラを手に入れる

バイアグラを処方してもらう際には、保険が効かないため、全額負担をしなければなりません。
また、人によってはバイアグラを処方してもらうだけではなく、心理療法や手術が必要になる事もあります。

 

そこで、以前は混合診療によって少しでも費用を減らす事もできる事もありましたが、
現在は混合診療が禁止になっていますので、全額実費負担で支払わなければなりません。

 

ちなみに、混合診療というのは本来保険が効かない治療があった場合、
その他の治療に保険を適応することで、安く済ませる事ができるという方法です。
このような事がありますので、混合診療のバイアグラを購入できません。

 

 

では、バイアグラをできるだけ安く手に入れる方法としては、どのような方法があるのでしょうか。
その方法は、個人輸入代行業者を利用してバイアグラジェネリックを購入する方法です。
バイアグラジェネリックは、正規品のバイアグラの半額以下で購入する事ができます。

 

 

正規品のバイアグラでしたら、だいたい1錠当たり1500円程度の費用がかかるのですが、
バイアグラジェネリックは700円程度で購入できるため、非常にお得になります。

 

 

このような購入方法を実行していると、より安くバイアグラを手に入れる事ができるようになっていますので、
どんな風にバイアグラを購入すれば安く済ませる事ができるのかをよく考えて行動していきましょう。
場合によっては、普通に購入するよりも3分の1以下で手に入れられるかもしれません。