MENU

バイアグラが効かない間違った用法とその結果

バイアグラは、ED全般に対して万能的な薬だと思われがちですが、実は勃起障害の方全ての患者さんに使用可能な治療薬ではありません。

 

したがって、医師の診断の元で処方してもらい、一日一回の用量を守って服用することがベストで正しい使い方です。

 

 

その際に、副作用を起こさないためには、バイアグラの使用上の注意をしっかり守った上で服用することが肝要になるのです。

 

仮に、間違った使用法として、医師の診断を無視して服用したり、
一日一回以上の服用をしてしまったり、個人輸入などで病院へ出向かず使用してしまうと、
副作用によって健康被害もあり得るのです。

 

 

バイアグラは発売当時こそ「夢の薬」などと言われていましたが、
どんな人でも使い方一つでとんでもない副作用を引き起こしてしまう可能性があるのです。

 

正しく使用している方で、死に至るようなことはないに等しいでしょう。

 

 

しかし、もう一つの危険の可能性を挙げるなら、バイアグラと併用して使ってはいけない薬と一緒に服用してしまったり、絶対に使ってはいけない病歴を持っている人がバイアグラを使用することです。

 

 

実際に世界各国で報告されている死亡事例は、用量・用法を守らなかった事から副作用に襲われるケースです。

 

だからこそ、日本では法律によって、バイアグラは医師の診療後医師の判断で処方してもらうように定められたのです。

 

 

バイアグラは正しく使えば、勃起障害の人には夢のような薬でしょう。

 

でも、禁止・禁忌事項などを守らないと、夢の薬どころか死に至る薬であることも同時に理解してもらわないといけません。

 

 

どんな薬でも副作用はつきものですが、その使いかた一つで天国にも地獄にもなってしまう、恐ろしさを知ってもらいたいです。